顔がヒリヒリは、敏感肌が原因。改善策は?

最近洗顔の時にぬるま湯を使っているにも関わらず、顔がひりひりと乾燥して痛い!という方も多いのではないでしょうか?
そんな、お肌が乾燥して敏感になっている時ほど、普段使っている化粧品を使うのも躊躇してしまいますよね。
人間の皮膚というものは、年齢を重ねていくにつれ、保湿力が低下傾向にあり、冬でなくても1年中保湿ケアをしないといけません。

 

乾燥がひどい敏感肌の方は、どのようなスキンケアをすれば、お肌に優しくできるのか悩みどころだと思います。
あまりにもひどい症状の場合は、無理にお肌をケアしようとはせず、そのままにしておくことをおすすめします。
しても保湿程度にとどめましょう。

 

症状が治まったら、まずは洗顔から見直すことが大切です。
朝晩の洗顔は、ふわふわの泡を作って丁寧に優しく洗うようにします。
洗顔はお肌の皮脂や水分が、一番奪われてしまいます。

 

敏感肌用の化粧品は、そんな敏感肌の方のお肌を考えて作られているので、洗顔フォームは敏感肌用のものを使うようにしましょう。
顔を拭くときも、ゴシゴシとこすりながら拭くのではなく、優しく抑えるようにして水分を拭き取ります。
ローションはお肌に水分を補う大切なものなので、顔全体に数回に分けて付けていくと、乾燥も防ぐことができます。

 

ローションを付けた後、何もつけずにそのままにしていると、お肌から一気に水分が蒸発して余計に乾燥してしまう原因になるので、クリームをたっぷりと手に取り、お肌にしっかり馴染ませます。

 

そうすると、お肌が蓋をされた状態になるので、お肌に潤いがしっかり補給されます。
敏感肌の方は、敏感肌化粧品でのお手入れが1番効果的です。
この流れを守って、お手入れを頑張って下さいね。