肌トラブルが起きやすい、敏感肌

以前使っていた化粧品でトラブルが起きてしまい、敏感肌用の化粧品に切り替えたにも関わらず、お肌がヒリヒリとして調子が良くないという方も多いのではないでしょうか?

 

肌トラブルは、化粧品を変えたばかりの時だけでなく、ずっと長く使い続けていた化粧品でも、体調などの変化で起こりやすいもの。
かゆみが出ていたり、お肌が腫れて赤くなる、ピリピリひりひりするといった症状がある場合は、お肌が必死に助けを求めている証拠です。
一時的な症状の場合は、使用しながら様子を見ていても構いませんが、腫れている場合などはとにかく早く使用を中止します。

 

買い換えたばかりなのに症状が出てしまった場合は、もったいないと感じてしまいますが、トラブルがある状態で使い続けると色素沈着などが起き、今までよりもひどい状態になってしまうので、注意して下さいね。

 

一回肌トラブルを起こしてしまうと、どんな化粧品を使ってもお肌にひりひりとした刺激があるといった場合もありますが、そんな時は何もせずにお肌を休ませてあげることも大切です。

 

特にお肌が敏感になっている時期は、お肌も自然治癒力で治そうと必死になっています。
お休みの後、調子が良くなってきたら、敏感肌用の防腐剤やアルコールが入っていないような化粧品を使ってお手入れをしましょう。

 

あまりにも症状がひどい場合は、その原因となった化粧品を持参して皮膚科を受診し、相談することをおすすめしますが、化粧品の会社のお客様相談室などに電話をすれば、返品を受け付けてくれる場合もあるそうです。

 

一度トラブルが起きた場合は、成分をメモしておき、次に化粧品を選ぶ際に参考にするのもおすすめです。