季節の変わり目を乗り越える敏感肌のスキンケア

敏感肌の方にとても辛い、季節の変わり目。
秋から冬にかけて、冬から春にかけては特に気温の差も激しくなり、お肌がついていけず、乾燥がひどくなってしまったり、チクチクと刺激を感じ易いお肌になってしまったりと、悩みは尽きませんよね。

 

今まで使っていた化粧品がピリピリとしみるようになったら、化粧品を変えてお手入れをしなくてはいけません。
このように、ちょっとした刺激を敏感に感じてしまうお肌の方は、肌バリアが崩れてしまい、様々な刺激を受けやすくなってしまっている証拠です。
敏感肌の方には、保湿が必要不可欠ですよ。

 

化粧水をたっぷり付けているにも関わらず、いつもお肌が乾燥しているという方は、保湿が十分でない場合があります。
今行っているスキンケアを見直してみるのもいいでしょう。
敏感肌の方たちは、お風呂上がりはどのように過ごしていますか?

 

パジャマを着て、時間が経ってからスキンケアをしているという方はいませんか?
敏感肌の方は、お風呂上りがお肌の水分を失ってしまいやすく、とても危険な時です。

 

お風呂から上がってお肌がしっとりと水分を保っているなと感じた時が、スキンケアをするのに最も適したタイミングなのです。
お肌がしっとりもっちりしているうちに、スキンケアを行うことで、お肌の保水力がぐんとアップしますよ。

 

また、化粧水や美容液を付ける時に、コットンを使ってしまうと余計に刺激になってしまう場合があるのが、敏感肌です。
コットンは使わず、手のひらで優しくお肌を包み込むように付けていきましょう。
体温で温められた化粧水は、さらにお肌への浸透も良くなっています。