敏感肌と柔軟剤との関係

最近、敏感肌の女性が増えていると言われています。
化粧品などをつけると、赤みが出てしまったり、お肌が荒れてしまうことで、
敏感肌だと自分で分かります。

 

生まれつきお肌が敏感な人もいますが、ストレスや食生活、花粉症やアレルギーなどでも、
お肌がデリケートになっている人も多くいます。
デリケートなお肌は、刺激を受けやすく、すぐに症状が出てしまいます。

 

敏感肌のケアは、丁寧なスキンケアと、身体の中から栄養を摂るケアが欠かせません。
しかし、選択に使う柔軟剤が敏感肌を引き起こしていることがあります。
洗濯物をふんわりと仕上げ、良い香りがついている柔軟剤は、
良いイメージが定着しています。

 

けれども、やわらかく仕上げるためには、界面活性剤が多量に含まれています。
すすぎの時に入れる柔軟剤は、特に衣類に残りやすいので注意が必要です。

 

界面活性剤はお肌に悪い影響を与えてしまいます。
お肌に界面活性剤が触れると、お肌のたんぱく質を少しずつ溶かして、
バリア機能を破壊してしまうので、敏感肌を引き起こす原因になります。

 

低刺激の柔軟剤も販売されていますが、クエン酸でも代用できます。
スキンケアだけでなく、洗濯にも注意を向けると、敏感肌の原因が分かることもあります。